トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

健軍商店街の活性化目的にシェアキッチン・・・・健軍リバイタライズプロジェクト

 健軍商店街の活性化に取り組む若手有志でつくる健軍リバイタライズプロジェクト(山中惣一郎代表)は、商店街内の空き店舗(同市東区若葉1丁目)を活用したシェアキッチンの出店を計画している。今年4月にオープン予定。
 シェアキッチンは、健軍商店街の活性化を目的に、健軍の新名物作りやコミュニティ作りの場としてオープンするもの。場所は、同商店街内の南側にある空き店舗を活用。厨房機器などを複数の店舗や個人で共有できる店舗で、店名は「バラエティシェフ」。店舗面積は約66u。店内はカウンター席、テーブル席など約20席を設け、コロナ禍でテイクアウト販売にも対応できる店づくりを進める。利用料金はランチタイムの時間帯で2500円から。月間、年間契約による割引も設ける。
 運営は健軍商店街で体操教室を出店する鰍kogro(古庄健太社長)が行い、同社ではシェアキッチンの第1号店としてフライドポテト販売店を出店し、健軍商店街の新名物として「健軍ポテト」を販売する。
 シェアキッチンを運営する古庄社長は「シェアキッチンをきっかけに健軍の新しい名物やみんなが集える場をつくることで、今まで商店街に来ることがなかった中高生などの若い層を呼び込むきっかけにしていきたい。商店街を活性化することで、未来の子供たちに100年続く商店街を残していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年3月30日発行 No.478

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから