トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

月出7丁目に4つの診療科を備えた医院を開院
 岡野医師と泉医師 院名は「長嶺南クリニック」

前熊本大学医学部付属病院勤務の岡野高明医師(52歳)と前熊本県総合保険センター勤務の泉薫子医師(49歳)は2月1日、熊本市月出7丁目に4つの診療科を備えた医院を開院した。
場所は通称国体道路沿い、身障者福祉センター向かい側のエレガンス月出ビル1階。医院名は「長嶺南クリニック」。フロア面積は330u。診療科目は内科、呼吸器科、心療内科、精神科。フロア構成は受付、ナースステーション、内科診察室2室、精神科診察室、カウンセリングルーム2室、X線室、脳波室、処置室、研修室、スタッフルームとなっている。X線は、デジタル医療システムを導入した。受付時間は午前9時から同11時半までと、午後1時半から同4時半まで。土曜日は午前9時から同11時まで診療する。休診日は日曜、祝日。スタッフは医師含め11人。駐車場は10台。
  精神科は主に岡野医師が担当。同医師は小倉市(現北九州市)出身、1954年12月9日生まれ。福島県立医科大学卒。熊本大学医学部付属病院こころの診療科勤務を経て、同医院を開院。医学博士・精神保健指定医。 内科、呼吸器科、心療内科は主に泉医師が担当。同医師は熊本市出身、1958年1月4日生まれ。熊本大学医学部卒。熊本中央病院呼吸器科勤務を経て、熊本県総合保険センターに勤務。同医院開院に至る。日本医師会認定産業医。
岡野医師は「精神面と身体症状の相互関係を、常に見極めながら診療することができる。地域の人向けに、無料ミニ講演会も随時開催する予定」と話している。 (津端)

週刊経済:2007年2月13日発行 No.1413

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから